戻る

「へちまは食べられるのでしょうか?」というメールをいただきました。
たしか、沖縄地方ではへちま・ひょうたんを食用にしていたということをどこかで読んだような 気がして(−実は前にへちまは食べたことがある−)調べてみたところ、へちまは食べられるようです。ひょうたんは毒があるようです。小さいうちだけ?ならOK??
ということでひょうたん・へちまを食べてみました。

へちま
 あまり大きくないもの(受粉して10日くらいの細いもの)の皮をむき輪切りにして 水に浸してあく抜きしたものをみそ汁に。種は大きくなりかけていましたが柔らかかったのでとりませんでした。
ナスの柔らかいところだけのような食感で、思っていたよりも食べやすかったです。もっと、あくの強い味(個性的な)がするのかと思っていました。
ひょうたん
うぶ毛の生えたものを採ってきて皮を剥いて、2つに割って種をとったものをへちまと同じようにあく抜きして野菜炒めにいれました。1.5〜2cm角に切ったのですが少し大きすぎました。もっと小さい方が食べやすいと思います。(材料のかたさにもよりますが)