戻る

平良市街〜池間島




平良市市街にある漲水御獄(はりみずうたき)**には宮古島へ降りた神、古意角(くぬいつ)、姑依玉(くいたま)が祀られている。
中央 御獄南の石垣は、宮古島を統一した仲宗根豊見親が1500年、赤蜂(アカハチ)の乱*を収めたことを記念して造らせたといわれている。右は石畳道、18cはじめの建設といわれる。

*:石垣島大浜集落の安司オヤケアカハチは首里王府の統治強化に抵抗した。したがって、八重山では赤蜂は英雄で石垣市大浜にはアカハチの碑がある。
**:漲水御獄(はりみずうたき) パルミーウタキ って言いません? 漲水クイチャーは、確か パルミークイチャーって言ってた ような気がしますが。(お便り)


その仲宗根豊見親の墓が海に向いて造られている。




これは有名な人頭石。何のための石かは諸説ある。

賦測(ぶばかり)説:石の高さより背の高い男女に税を課したという説。
男根説:男根を表すという説。
力石説:周辺の者たちの力比べに用いられたという説。




宮古島のHPには必ずといっていいくらい載っている”砂山ビーチ”、是非いってみたいと思っていた。夕立で洞窟の中には人がいっぱい雨宿りしていた。すっきり晴れた日に見てみたい。



北へ北へ、池間大橋(平成4年完成、1425m)を渡りふりかえった。大神島も見えている 。(左の写真)右はビーチから宮古島の方を見る。



こちらは西平安名岬、風車*が回っていた。

*:NEDO風力発電施設。南部(東平安名岬の近く)には沖縄電力の風車がある。