戻る

「鎌倉ものがたり」を歩く No.4

妙香池全面的に改修中->そして亀はいなくなった。
白鷺池の亀(2000/7/14)
「白鷺池の亀」は約180KBの動画(*.rmファイル)です。 動画を見るにはrealplayerが必要です。

円覚寺(第6巻62話「雨夜の使者」)
妙香池(1998/8)
日本亀がゆっくりと休息している。
妙香池(1996/6)
ミドリ亀に占領された池
白鷺池(1998/8) 山門
円覚寺の階段 円覚寺境内。クリックして拡大すると妙香池,白鷺池がどこにあるか分かります。

62話では銭洗いのヘビの仲介で一旦和解した日本亀とミドリ亀であるが、狭い妙香池での同居は無理があったようだ。 見かねた人間により、ミドリ亀は寺の前の白鷺池へ追放されてしまった。日本亀のみが妙香池に残ったが数は驚くほど少ない。(写真上段左) 一方、白鷺池は大きいのでミドリ亀の姿は見えなかった。(写真中段左)

円覚時:弘安五年(1282),文永・弘安の役で戦死した兵士の菩提を弔うため北条時宗が建てた。無学祖元が開山。
妙香池:建武二年(1335),夢窓国師による築造といわれる。
白鷺池:祖元が鎌倉入りしたとき鶴岡八幡の神霊が白鷺に化身してこの地に道案内したという。

そうそう、白鹿洞も一瞬だけれど登場していました。
白鹿洞:無学祖元の説法を人々とともに白鹿の群も聞いていたという。この白鹿が出現した穴。
中は思ったより狭い。小さな穴が奥に続いているようだ。