戻る

「鎌倉ものがたり」を歩く No.26

妙本寺は北条氏に滅ぼされた比企能員(ひきよしかず)一族の菩提を弔うため、一族の生き残り能本(よしもと)により1260年に建てられた。鬱蒼とした森のなかにぽっかりと空いた大きな空間、そこにある大きな本堂が印象的である。また境内の西北にある蛇苦止明神は比企能員の娘若狭の局(二代将軍頼家の子、一幡の母)を祀っている。3巻29話「比企の契り」では一色先生が比企正和の、亜紀子さんは正和の婚約者、如月姫の生まれ変わりであることが判明する。

総門 二天門 本堂
総門、横の建物は比企幼稚園
山門
門をくぐると正面に祖師堂がある。近づく
比企一族の墓 一幡袖塚 霊宝殿
一族の墓 一幡袖塚−焼け残った一幡の袖を埋めたと言われる。 霊宝殿