戻る

「鎌倉ものがたり」を歩く No.100

15巻166話「注文の多いピザ料理店」は宮沢賢治の「注文の多い料理店」を思いおこさせる。 先生と亜紀子さんが食べられてしまうのでは... 

宮沢賢治(1896-1933)は岩手県花巻の生まれ。長谷の光則寺には「雨ニモマケズ」で始まる有名な詩の碑がある。 この詩は宮沢賢治の手帳に(1931年)11月3日の日付入りでかかれていたという。 書き初めと終わりは良く出てくるがその間は略されることが多いので全文を紹介する。 それにしても縦書きは難しい。試したが字が踊ってしまう。だれか簡単な縦書き表示の方法を知っていたら教えて下さい。

ワタシハナリタイ サウイフモノニ クニモサレズ ホメラレモサレズ ミンナニデクノボートヨバレ サムサノナツハオロオロアルキ ヒデリノトキハナミダヲナガシ ツマラナイカラヤメロトイヒ 北ニケンクァヤソショウガアレバ 行ッテコハガラナクテモイ
ヽトイヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ 西ニツカレタ母アレバ 行ッテ看病シテヤリ 東ニ病気ノコドモアレバ 小サナ茅ブキノ小屋ニヰテ 野原ノ松ノ林ノ陰ノ ソシテワスレズ ヨクミキキシワカリ ジブンノカンヂャウニ入レズニ アラユルコトヲ 味噌ト少シノ野菜ヲタベ 一日ニ玄米四合ト イツモシヅカニワラッテヰル 決シテ瞋ラズ 慾ハナク 丈夫ナカラダヲモチ 雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ 風ニモマケズ 雨ニモマケズ